ロビくん、製作中(67-68号)

今回つなげるのは、
ロビくん最大の売りである
「リモコン」と「音声認識(人の声に反応)」を可能にする
ための制御基板デス。

はじめに付けるのは音声認識基板から、
画像


白いプラスチックは六角ネジ。
レンチなど使っても締められるけど
こう狭い場所では、このように
金属ネジを使えばレンチを使わなくても
良いらしい。
考えた人はエライ!
画像


次にもう一枚、リモコン基板を取り付け~。
画像


基板どうしはケーブルで接続…。
画像


これでロビくんの”頭脳”が入った!
画像


ふと、”オズの魔法使い”にでてくるドロシーのお供たちを思い出す…。
オズの大王(ほんとはニセモノだけどね)から
かかしくんは、知恵を求めて”脳”(ほんとはただの詰め物)を藁(わら)の頭部に入れてもらい、
ブリキの木こりくんは、暖かいハートを求めて”心臓”(ほんとはただの木造りの詰め物)をブリキの胸部の裏に打ち付けてもらう。
ライオンくんは、勇気を求めてエキス(ほんとはただの水?)を飲まされてしまう。
しかし、かかしくんも木こりくんもライオンくんも、最後には求めていたものを得ることができたのだ。

ロビくんは、合成樹脂のからだに金属ネジやプレートを打ち付けられて、
電子基板という脳を詰め、プログラムというエキスを飲み込んで人の
かたちに作り上げられている。
動き出したとき、それ以上の”何か”が吹き込まれていくのかな?

8月ごろ、ロビくんは日本中で一斉に”動き”出す。
楽しみですね。

"ロビくん、製作中(67-68号)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント